SINCE 1997

企業内一級建築士資格取得研修のご依頼を受けきた22年間の実績があります。


下記一覧にて概要案内 NEW

令和2年確認テスト配信サービス 無料配信中

一級建築士pre設計製図通信講座 随時受付中

updated on 2020.3.30


一級建築士学科試験対策 付帯サービス
<GメニューT>
令和2年確認テスト配信サービス 配信中
  • 改正基準法に対応
  • 問題は無料でダウンロード可、反復学習に有効
  • 配信開始日
    challenge@/法規150問(2/26)
    challengeA/5科目125問(3/25)

    challengeB/5科目125問(4/22)
    challengeC/5科目125問(5/13)
  • 全確認テストとも令和2年新規作成
左記<GメニューT>を、お申込み頂くと利用可

開講中

<GメニューU>
令和2年学科模擬試験配信サービス 準備中
  • 問題は無料でダウンロード可
  • 出題傾向を分析した当塾オリジナルの予想問題
  • 90点以上取るのは、そう簡単ではない難易度

note『一段深く考えてみる』 ※I E非対応
学科試験問題を掘り下げて学べること、設計製図の出題のあり方などを投稿

一級建築士設計製図試験対策 無料サービス

身の丈にあったプランをめざす指導
『べき論の徹底』vs『多様性の許容』

  • こうすべきだという過度な『べき論の徹底』指導により、設計与条件で要求されていないことまで全てをやり切ろうとして、結果プランが破綻。
  • 設計与条件や法令上「やらなければならないこと」、他「やったほうがいいこと」、「どうでもいいこと」を見極め、6時間30分の中で自分がやり切れる取捨選択をした結果が『身の丈にあったプラン』
  • 『身の丈にあったプラン』には『多様性の許容』を意識した判断のトレーニングが必要であり、『べき論の徹底』と対峙するのが当塾の指導。
pre設計製図通信講座 随時受講可
  • 添削指導・合否ランク判定
  • 平成23年から令和元年までの当塾オリジナル設計課題
  • 問題は無料公開中
  • 令和元年本試験解答例 by 建築士の塾
    12月・10月実施分公開中
    (図面、計画の要点等、講評)
    美術館の分館

    (12月8日再試験解答例の概要)
     12月9日プレ公開

    • 建築面積
      904m2
    • 床面積の合計
      2,164m2
    • スパン割り
      (X方向)7・6・6・6m(一部)
      (Y方向)8・8・8・8・8m
    • エントランス
      東側(道路・本館からアプローチ)
    • 通用口
      東側
    • 搬入口
      東側
    • 多目的ホール(2階)
      208m2
    • 吹抜け(エントランスホール上部)
      56m2
    • 屋上庭園
      112m2
      ※庇部分を除いて110m2(12/16追記)
<SメニューT>
令和2年設計製図通信講座 準備中

  • 添削指導・合否ランク判定
  • 当塾オリジナル設計課題
    3〜6課題までの選択受講可
  • 課題発送開始日
    課題1、2(8/11)
    課題3(8/19)
    課題4(8/26)
    課題5(9/2)
    模擬試験(9/15)
  • 提出期日
    課題1〜5が9月16日必着
    模擬試験が9月24日必着
<SメニューU>
令和2年設計製図通信模擬試験 準備中

  • 添削指導・合否ランク判定
  • 当塾集大成のオリジナル設計課題で実力試し
  • 模擬試験発送開始日は9月15日
  • 提出期日は9月24日必着
<SメニューV>
令和2年設計製図課題配信サービス 準備中

  • 通信講座<SメニューT>で使用の2課題
    (課題4・5)
  • 問題のみ無料公開
  • 有料で問題・解答例等一式を郵送

製図用紙(A2サイズ5mm方眼)通販 販売中
  • 1,980円/15枚 3,300円/30枚(税込・送料込)

 


一級建築士(令和2年3月2日更新)
     [学科試験日程]NEW [設計製図試験課題] [設計製図試験日程]NEW [合格データ]

二級建築士(令和2年3月2日更新)
     [学科試験日程]NEW [設計製図試験課題] [設計製図試験日程]NEW [合格データ]


 

info@archicom.co.jp
Copyright©1998-2020 archicom Co.,Ltd. All Rights Reserved.

建築士の塾は株式会社アーキ・コミュニケーション研究所が運営しています。