スマートフォンで通勤学習もできる

課題配信サービス・模擬試験利用者を対象にした付帯サービスとなります。
理解しにくいところをビジュアルでイメージ化していくものがwebサポート講義ですので、解答・解説の内容の補助教材等としてご利用下さい。

当講義は、会員制web方式になりますので、ユーザー名・パスワードの入力が必要です。
ユーザー名・パスワードは、受講料等のご入金を済ませ、登録手続きが完了された方へメールにてお知らせしていきます。

必要に応じ適時更新し本試験終了まで開講致します。

※以下、いくつかのサンプルは、ご覧頂けます。
計 画
4月3日更新

    (計画各論)
  1. 避難安全検証法
  2. 集合住宅の形式
  3. ライトウェル
  4. DK型平面
  5. 学校の運営方式の例
  6. オープンステージの構成
  7. 窓の開閉形式
  8. バスケットボールコート
  9. バレーボールコート
  10. 車いすと車いす使用者用の寸法
  11. 前方アプローチタイプの車いす使用者用便所
  12. 車いす使用者が利用しやすい洗面器
  13. 黄金比と白銀比
  14. モデュロール
    (都市計画)
  15. オースマンのパリ改造計画
  16. 田園都市
  17. 工業都市
  18. 300万人の現代都市構想案
  19. ラドバーンシステム
  20. 近隣住区ダイアグラム
  21. ハーロウニュータウン
    (建築史等)
  22. ギリシア建築の柱式
  23. 初期キリスト教建築
  24. ビザンチン建築
  25. ゴシック建築
  26. ルネサンス建築
  27. 神明造り
  28. 大社造り
  29. 住吉造り
  30. 春日造り
  31. 八幡造り
環境・設備
5月8日更新

    (環境工学)
  1. 有効温度
  2. 新有効温度
  3. PMV
  4. 作業量(代謝量)
  5. 着衣量
  6. 顕熱と潜熱
  7. 絶対湿度と相対湿度
  8. 湿球温度計の原理
  9. グローブ温度計
  10. 換気の公式を導く考え方
  11. 室内外の温度差による換気
  12. 室の熱容量と室温変動
  13. 内断熱と外断熱
  14. 内部結露防止の原則
  15. 湿り空気線図の読み方
  16. 結露発生の原理
  17. 直達日射と天空放射
  18. 熱伝導率の単位
  19. 熱損失係数
  20. 外皮平均熱貫流率
  21. 相当外気温度
    サンプル
  22. 窓ガラス面からの日射熱負荷
  23. 冷房期の平均日射熱取得率
  24. 日影曲線
  25. 日影時間図
  26. 島日影
  27. 音の拡散減衰
  28. 吸音率と透過率
  29. 等ラウドネス曲線の読み方
  30. NC曲線
  31. フラッターエコーの原理
  32. 立体角(ステラジアン)
  33. 直接昼光率と間接昼光率の分布
  34. 立体角投射率
  35. 色温度
  36. 比視感度曲線とプルキンエ現象
  37. 照明方法と配光曲線
  38. マンセル色立体とオストワルト色立体
  39. xy色度図
    (環境計画)
  40. オゾン層破壊
  41. 地球温暖化
  42. 建築物のライフサイクルとCASBEEのツール
  43. 環境効率からBEEへの展開
  44. BEEにおけるQとLの定義
  45. CASBEE-まちづくりの評価対象
  46. ESCO事業
    (建築設備)
  47. 省エネルギー基準
  48. 通年エネルギー消費効率
  49. コージェネレーションシステム
  50. 空気調和方式(空気供給方式)
  51. 空気調和方式(冷媒供給方式)
  52. 空気調和システム(単一ダクト方式)の系統図
  53. 熱源方式の種類
  54. 冷凍の原理と圧縮冷凍機のサイクル
  55. 吸収冷凍機のサイクルとしくみ
  56. 冷却塔(クーリングタワー)
  57. 全熱交換器
  58. 蓄熱槽方式における三方弁制御・二方弁制御
  59. 蓄熱槽方式における冷凍機出力の概念図
  60. 冷温水供給システム
  61. ルームエアコンのしくみ
  62. 空調の吹出口
  63. 混合損失
  64. 換気方式
  65. 節水こま入り給水栓
  66. 受水槽の周囲計画
  67. スイベルジョイント
  68. トラップと封水深
  69. 大便器の主な種類
  70. オイル阻集器
  71. 合流式排水方式と分流式排水方式
  72. ます
  73. キュービクル形受変電設備
  74. 変圧器のしくみ
  75. 単相交流と三相交流
  76. バスダクト配線方式
  77. 分電盤
  78. 配線方式
  79. 照明器具の色温度と演色評価数
  80. タスク・アンビエント照明
  81. 天井チャンバー方式
  82. 消火設備を設置すべき防火対象物
法 規
5月9日更新

    (建築基準法)
  1. 不燃材料等の性能・要件
    サンプル
  2. 耐火建築物の要件(法2条-九号の二)
  3. 幼保連携型認定こども園の扱い
  4. 容積率算定の基礎となる延べ面積(法52条-3項の図解)
  5. 容積率算定の基礎となる延べ面積(法52条-6項の図解)
  6. 建築物の高さ(令2条-1項-六号ロの解釈)
  7. 地盤面(令2条-2項の図解)
  8. 建築確認・中間検査・完了検査の構成
  9. 特定工程
  10. 確認の特例(法6条の4による読み替え)
  11. 構造計算適合性判定(法6条の3-1項の概要)
  12. 確認審査と構造計算適合性判定
  13. 定期報告
  14. 採光補正係数の計算
  15. 耐火構造建築物と耐火建築物の関係
  16. 特定避難時間倒壊等防止建築物
  17. 準耐火建築物の種別
  18. 特定避難時間倒壊等防止建築物と準耐火建築物の関係
  19. 告示に基づく特殊建築物の構造方法
  20. 耐火性能・防火性能の部位別の必要性能
  21. 防火区画(令第112条の構成)
  22. 防火区画(令112条-1項( )書の解釈)
  23. 義務準耐火建築物の防火区画
  24. 外壁スパンドレル区画
  25. 火災の進行過程における防火区画・内装制限の役割
  26. 内装制限の有無と仕上げ材料との条文構成
  27. 火を使用する室の内装制限(令128条の4-4項の図解)
  28. 特定避難時間倒壊等防止建築物の扱い
  29. 避難安全検証法
  30. 構造関係規定の構成(法20条・令36条・令81条の関係)
  31. 構造方法(仕様規定)と構造計算基準の組合せ
  32. 保有水平耐力計算によることで適用除外できる仕様規定
  33. 許容応力度等計算と保有水平耐力計算
  34. 既存建築物の制限緩和(法86条の7-2項の解釈)
  35. 袋路状道路(令144条の4-1項-一号の図解)
  36. 道路内の建築制限(法44条-1項-四号と令145条-2項の解釈)
  37. 道路斜線制限(法56条-1項・2項)
  38. 道路斜線制限(令132条-1項の図解)
  39. 道路斜線制限(令134条の図解)
  40. 道路斜線制限(令135条の2の図解)
  41. 道路斜線制限(法56条-3項と4項の図解)
  42. 隣地斜線制限(令135条の3-1項-二号の図解)
  43. 北側斜線制限(令135条の4-1項-二号の図解)
  44. 特殊建築物と防火地域・準防火地域内の構造制限
  45. 建築協定に参加する人
    (建築士法)
  46. 構造・設備設計一級建築士
    (バリアフリー法)
  47. 建築物移動等円滑化基準への適合の概要
    (耐震改修促進法)
  48. 条文中で規定の建築物一覧
    (消防法)
  49. 屋内消火栓設備(令11条-2項の解釈)
力 学
1月25日開講

  1. web構造力学講義

  2. 荷重条件とM図
  3. モーメント荷重の作用する単純梁のM図
  4. 集中荷重の作用する単純梁のQ図
  5. 円形断面の断面二次モーメント
  6. 歪みにおける変形の様子からわかること
  7. 荷重条件と最大たわみ
  8. たわみの公式をラーメンに応用した考え方
    サンプル
  9. モールの定理によるたわみの考え方
  10. マックスウェルの相反定理
  11. たわみの公式から支点反力の大きさを求める
  12. Mのみが作用したときの全塑性モーメント
  13. 全塑性状態における応力度分布
  14. 仮想仕事の原理
  15. 崩壊機構における回転角の求め方
  16. 静定・不静定の判別
  17. ラーメン構造における応力特性
  18. ラーメン構造の接合部におけるMのつりあい
  19. ラーメン構造における梁のせん断力と柱の軸方向力の関係
  20. 材端モーメントと到達モーメント
  21. 剛度と剛比
  22. 固定モーメント法
  23. 固有周期
  24. 水平剛性(K)と層間変位(δ)
  25. 座屈
構 造
5月10日更新

    (木材/木質構造)
  1. 木材の乾燥過程
  2. 壁量充足率と壁率比
    サンプル
    (壁式鉄筋コンクリート構造)
  3. 規定壁厚と標準壁量
  4. 耐力壁の実長
  5. せん断補強筋(縦筋・横筋)の最大間隔
  6. 壁梁の有効な幅
    (コンクリート/鉄筋コンクリート構造)
  7. あばら筋比
  8. T形梁の有効幅
  9. 許容曲げモーメント
  10. 大梁主筋の外柱への90°折曲げ定着
  11. 短柱防止のためのスリット
  12. 柱の破壊形式
  13. せん断破壊の防止と曲げ破壊
  14. 開口による耐力壁と非耐力壁の扱い
  15. プレストレストコンクリート
  16. 支圧応力と全面圧縮応力
  17. フラットスラブ構造
    (鉄骨鉄筋コンクリート構造)
  18. 梁の形式
  19. 付着面積から除外すべき部分
  20. コンクリート充填鋼管(CFT)柱
    (鋼材/鉄骨構造)
  21. 鋼材の応力度−ひずみ度曲線
  22. SN材・SS材・SM材の降伏点又は耐力・引張強さ
  23. 高力ボルトの種類
  24. 高力ボルト接合の原理
  25. 突合せ溶接と隅肉溶接
  26. 溶接部の定義
  27. スカラップ形状の分類
  28. 通しダイアフラム形式と内ダイアフラム形式
  29. 局部座屈の防止と幅厚比の制限
  30. 横座屈と横補剛材
  31. 筋かいの保有耐力接合
  32. 筋交い接合部の筋交い材の有効断面積
  33. 露出型柱脚の反曲点高比
    (地盤・基礎構造)
  34. N値
  35. 地盤の液状化
  36. 内部摩擦角と粘着力
  37. 土圧の種類と土圧の合力
  38. 根入れ深さの取り方
  39. 支持杭と摩擦杭
  40. 負の摩擦力が作用する杭
  41. 水平力を受ける杭の終局限界
  42. 杭頭モーメント
  43. SC杭・PHC杭
    (構造計画)
  44. 鉄筋コンクリート造建築物の構造計算フロー
  45. 鉄筋コンクリート造のルート1の計算
  46. 鉄筋コンクリート造部材のせん断破壊の防止(ルート3の計算)
  47. 鉄筋コンクリート造のDs
  48. 鉄筋コンクリート造(耐力壁付きラーメン架構)のDs
  49. 鉄骨造建築物の構造計算フロー
  50. 鉄骨造のルート1の計算
  51. 剛性と偏心
  52. 強度型と靱性型の構造形式
  53. 応答スペクトル
  54. 崩壊メカニズム
  55. 耐震安全性の目標
  56. 日本住宅性能表示基準(耐震等級)
  57. 日本住宅性能表示基準(耐風等級・耐雪等級)
  58. 限界耐力計算
  59. 免震装置
  60. 特定天井
施 工
5月1日更新

    (施工計画・管理・機械)
  1. ネットワーク工程表
  2. 積上げ方式と建逃げ方式
  3. クレーン
  4. 根切り用掘削機械
  5. 安全衛生管理体制
    (地盤調査)
  6. 標準貫入試験
  7. スウェーデン式サウンディング試験
  8. ベーン試験
  9. 平板載荷試験
  10. 一軸圧縮試験・三軸圧縮試験
    (仮設工事)
  11. 遣方・ベンチマーク
  12. ボンベ類貯蔵所
  13. 乗入れ構台
  14. 単管足場
  15. 枠組足場
  16. つり足場
  17. 登り桟橋
  18. メッシュシート
  19. 防護棚(朝顔)
    (土工事・山留め工事)
  20. 釜場工法
  21. ディープウェル工法
  22. ウェルポイント工法
  23. リチャージ工法
  24. 暗渠排水
  25. 手堀掘削面の勾配
  26. 山留め壁の種類
  27. 水平切ばり工法
  28. 逆打ち工法
  29. アンダーピニング
    (地業・基礎工事)
  30. セメントミルク工法
  31. 掘削深さ
  32. 継杭
  33. 中堀り工法
  34. 場所打ちコンクリート杭の工法
  35. アースドリル工法
  36. オールケーシング工法
  37. リバース工法
  38. スライム処理
  39. バイブロフローテーション工法
  40. サンドコンパクションパイル工法
  41. 深層混合処理工法
    (鉄筋工事)
  42. 鉄筋の折曲げ形状・寸法
  43. 鉄筋相互のあき
    サンプル
  44. 鉄筋の継手・定着
  45. 定着の長さ・投影定着長さ
  46. スパイラル筋の末端の定着
  47. 梁筋の継手の位置
  48. 圧接継手に関する規定
  49. かぶり厚さ
    (型枠工事)
  50. 型枠の構成
  51. セパレーター
  52. コラムクランプ
  53. フラットデッキ
  54. MCR工法
  55. MCR工法用シートの取付方法
  56. 型枠の存置期間(JASS5)
  57. 支柱の盛替え
    (コンクリート工事)
  58. コンクリートの組成
  59. 使用するコンクリートと構造体コンクリート
  60. 調合強度管理のための試験
  61. 構造体コンクリート強度の検査
  62. 各種養生した供試体の強度発現性
  63. コンクリートの中性化と鉄筋の腐食
  64. スラブの打継ぎ方法
    (鉄骨工事)
  65. 開先加工面の精度
  66. 柱梁接合部エンドタブの組立溶接
  67. 裏当て金の組立溶接
  68. 完全溶込み溶接の余盛高さ
  69. 溶接部の欠陥
  70. JIS形高力六角ボルトのセット
  71. フィラープレート
  72. リーマー掛け
  73. あと詰め中心塗り工法
  74. 仮ボルトにおける1群の考え方
  75. エレクションピースの仮ボルト
  76. デッキプレートと梁の接合
    (木工事)
  77. 接合金物
  78. 大引の継手
    (防水工事)
  79. メンブレン防水の概要
  80. アスファルト防水工法・密着保護仕様の工程
  81. アスファルト防水工法・絶縁露出仕様の工程
  82. アスファルト防水工法・断熱露出仕様の工程
  83. 屋根保護防水断熱工法
  84. アスファルト防水におけるコンクリート打継ぎ部の処理
  85. 保護コンクリートの伸縮調整目地
  86. 脱気装置
  87. 改質アスファルトシートトーチ防水工法・密着露出仕様の工程
  88. 改質アスファルト防水工法
  89. 改質アスファルトシートの張付け方法
  90. 改質アスファルトシート常温粘着防水工法・絶縁露出仕様の工程
  91. 加硫ゴム系シート防水工法・接着仕様の工程
  92. 塩化ビニル樹脂系シート防水工法・接着仕様の工程
  93. シート防水における出入隅の増張り・処理
  94. ウレタンゴム系塗膜防水工法・密着仕様の工程
  95. ウレタンゴム系塗膜防水工法・絶縁仕様の工程
  96. FRP系塗膜防水工法・密着仕様の工程
  97. ステンレスシート防水のジョイント
  98. シーリング材を充填する目地
  99. マスキングテープ張り
    (張り石工事)
  100. 外壁湿式工法
  101. 外壁乾式工法
  102. 内壁空積工法
    (タイル工事)
  103. タイル張り工法
  104. タイルの目地深さ
    (ガラス工事)
  105. 板ガラスのクリアランス・かかり代等
  106. ジッパーガスケット(構造ガスケット)
  107. グレイジングガスケット
  108. 自立型・吊下げ型ガラススクリーン構法
  109. DPG構法
  110. SSG構法
  111. ガラスの保管
    (金属工事)
  112. アルミニウム製笠木
    (内装工事)
  113. 鋼製天井下地
  114. 段違いのある天井の補強
  115. 鋼製壁下地
  116. せっこう系直張り用接着剤の間隔
  117. 目地処理工法
    (外装工事)
  118. ロッキング構法・スライド構法
    (プレキャスト鉄筋コンクリート工事)
  119. WPC工法
  120. 組立て用斜めサポート
  121. 機械式継手
  122. スリーブ継手
    (耐震改修工事)
  123. 割裂補強筋(RC壁増設)
  124. グラウト材注入工法(RC壁増設)
  125. RC造柱補強
  126. 鉄骨枠付きブレース
  127. RC造梁補強
  128. S造柱補強
  129. S造梁補強

[ホーム]
Copyright(C) archicom Co.,Ltd. All Rights Reserved.